さぁ、30年。

トンネルの先で待っている見たことのない未来へ

今年エール・エルは30周年を迎えます

今年エール・エルは30周年を
迎えます

ワッフル・ケーキの店 R.L (エール・エル)は、おかげさまで2021年12月1日にオープン30周年を迎えます。
お客さまへ30年間の感謝の気持ちを込めて、「さぁ、30年。トンネルの先で待っている見たことのない未来へ」をテーマに新商品や楽しいイベントをお届けしていきます。

「ワッフルのおいしさをより多くの人に伝えていきたい」という創業当時からの想いをこれからも大切にしながら、おいしいワッフルを通じて、たくさんの笑顔があふれる明るい未来への架け橋になれればと考えています。

R.Lの「ものづくりへの想い」の先につながるワクワクの未来を目指して

R.Lの「ものづくりへの想い」の先に
つながるワクワクの未来を目指して

私たちはまだニューノーマルな生活スタイルを手探りしながら未来に向けて進む「トンネル」の中にいるといえます。
そんな中でR.Lは30周年を迎えるにあたり、創業以来ずっと大切にしてきた「ものづくりへの想い」に今一度立ち返り、その想いをさらにパワーアップさせるべく「フレッシュなものづくりの力」と手を組み、新商品の開発やイベントへの取り組みを始めています。
ワッフルを通じて今と未来にたくさんの笑顔とワクワクを届けていきます。

NEW TOPICS

NEW TOPICS

■10/1(金)~ エール・エル各店舗にて【30周年 創業祭】開催中!
30周年を迎える12月1日に先駆けて、創業祭を開催中です。
今年の創業祭は第3弾までの特別企画をご用意。お楽しみが続きます!
キャンペーンチケットで「ワッフルケーキ」や「エール・エル30周年 オリジナルエコバッグ」と
交換できるプレゼント企画や、大好評の「ワッフルケーキ全品130円(税別)」も開催します。
ぜひこの機会においしいワッフルを食べて楽しい企画にご参加ください。

→R.L店舗リストはこちらから




Collaboration

Collaboration


  • 商品パッケージ

    流通科学大学主催の産学協同プログラム『神戸学生イノベーターズグランプリ(通称:I-1グランプリ)』。

    2020年に実施された第4回では、R.Lが提示するテーマのもと、神戸芸術工科大学を始め近隣の高校・大学も参加して、学生ならではの視点から新しい発想のさまざまなアイディアが提案されました。

  • 見事グランプリを獲得したのは神戸芸術工科大学のチーム『とますと』。
    グランプリ受賞作品のアイディアからは新商品パッケージへの実用化が進んでいます。

  • プレミアムな新ワッフルケーキ

    産学連携プロジェクトとして辻製菓専門学校との 「プレミアムワッフルの商品開発」が順次進行中です。
    「今まで食べたことのないようなプレミアムな味、心に残る味」をお届けしたい!同じ熱い想いを持つ学生たちの斬新なアイディアと力を合わせて商品開発に奮闘中です。

    プレミアムワッフルはI-1グランプリ受賞作品の新パッケージとコラボレーションし、若い力が集結した見て・食べて楽しんで頂ける新しい商品として販売予定です。

  • 7/2 new

    <R.L×辻製菓専門学校 プレミアムワッフル プロジェクト>
    プレゼン大会を開催しました!

    2021年5月29日 、辻製菓専門学校の学生のみなさんが提案する「プレミアムワッフル」のプレゼン大会を実施しました。
    2人1組のチームを組み、提案されたワッフルは全60品。 その中から事前審査により選ばれた15品について、各制作チームから作品に込めた想いの伝わるプレゼンテーションが行われ、実食した審査員からは1品1品に対して丁寧なコメントや感想が述べられました。

  • コロナ禍で本当に限られた期間のなか、放課後の2時間を利用して制作に取り組んでくれた各チームの学生のみなさん。
    生地の配合や食感へのこだわり、食材の斬新な組み合わせの試み、栄養面への配慮など、様々な工夫やアイディアを持ってこの大会に望んでくれました。
    「今まで食べたことのないようなプレミアムな味、心に残る味」を目指して試行錯誤した点やこだわった点など、熱意のこもったプレゼン発表とフレッシュな発想が飛び交いました。

    →ワッフル開発の奮闘の様子はこちら

  • 最終選考の結果、15品の中から1位~6位の6品が決定しました!
    ★第1位★
    「ジャンドゥージャフランボワーズ」/ M’s
    ★第2位★
    「和栗のモンブランワッフル」/ みすずとあやか
    ★第3位★
    「ほうじ茶パフェ」/ M's
    ★第4位★
    「柚子ワッフルケーキ」/ みすずとあやか
    ★第5位★
    「ヌガティーヌキャラメル」/ umto.
    ★第6位★
    「味噌チーズクリーム(みそチー)」/ Y
    (※左は作品名、右はチーム名。写真は上段より左→右の順。)

    →試食コメントなどはこちら

  • 特別審査員として、スイーツインフルエンサーの3名をお招きしました。
    ・スイーツコンシェルジュ/磯貝 由起 様
    ・インスタグラマー/kazuhikoo333 様
    ・インスタグラマー/スイーツ王子 いでくん 様

    数々のスイーツを食べ歩き、その経験を生かして他方面で活躍されている方々ならではの、独自の目線からのコメントが次々に飛び出し、時には発表者の緊張がほぐれて和やかに盛り上がる場面も。学生のみなさんのみならずR.Lにとっても、大変貴重な機会となりました。

  • 磯貝 由起 様(写真左):関西、全国のスイーツ情報を毎日発信。スイーツの情報ストックは3万個以上。特に1万個のプリンを知る「プリンの女王」とよばれ、多数メディアに出演中。自身のブログ「YukiのSweets Diary」の総訪問者数は150万人。

    kazuhikoo333 様(写真中央):年間約600店舗のスイーツ店を訪問して気に入った店舗のみを紹介。英語や中国語のキャプションも追加し、海外からのフォロワーも増加中。2021年6月現在フォロワー数5.5万人。

    スイーツ王子 いでくん 様(写真右):スイーツに特化したSNSの総フォロワー数は4万人を超え、SNS時代の「スイーツ王子」としてTVやイベントなどのメディア出演をはじめ、メニューのプロデュースなど食の分野を軸に多方面で活動中。

  • 受賞した6作品は、実際の商品化に向けR.Lでの製造ラインテストなどのブラッシュアップを重ねて、30周年記念の「プレミアムワッフル」として今年12月の販売を目指しています。
    入賞作品を制作して頂いた学生さんを始め、このプロジェクトに賛同・参加してくださった学生のみなさんの想いが詰まった、心に残るような味をお届けできるようR.Lでしっかりと開発を引き継いでまいります。
    どんな商品に仕上がってみなさまにお届けできるか、どうぞお楽しみに!

    最後にスイーツ王子 いでくん様と記念撮影!

    (※コロナ対策のため安心・安全に配慮をして大会を開催しました)



  • ユニフォーム&スタイリング

    産学連携プロジェクトとして上田安子専門学校との「店舗ユニフォーム デザインコンテスト」も順次進行中です。
    「スイーツもファッションも、お洒落に」と考えるR.Lならではの企画。店頭でのおもてなしの際にスタッフが着用する「お洒落で心地よいユニフォーム」 のデザインコンテストやスタイリングの提案も実施します。

  • ※画像は2009年当時のものです

    ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル) について

    ワッフル・ケーキの店R.L(エール・エル)
    について

    ワッフル・ケーキの店R.L
    (エール・エル)について

    はじまりは、“ユニーク”。

    1991年12月1日、兵庫県の武庫之荘(むこのそう)という街に誕生した小さなワッフルケーキの専門店。
    お店の場所は住宅街のマンションビルの2階テナントとあって、さほど立地に恵まれていたとは言えませんでした。
    パティシエがいるスイーツ専門店でもなく、もともと隣で開業していた一級建築士事務所が一から立ち上げたお店。

    当時は一つのスイーツに特化した専門店はまだ珍しく、今でいう「ブランディングデザイン」の形で、店舗デザインや店内の装飾はもとより、商品・パッケージ・ユニフォームに至るまで独自の世界観で作り上げました。
    黒と赤を基調とした店内はまるで宝飾店のような雰囲気で、ショーケースの後ろには美しくライトアップされた20世紀初頭に活躍したフランスのガラス工芸作家ルネ・ラリックの作品が並びます。

    そのどれもが、これまでの常識にはなかった新たなコンセプトから生まれたスイーツ店。
    それがワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)です。

    R.Lの軌跡をもっと見る